• コウジン・ヘルスケア・グループ
  • 岡山中央病院
  • 岡山中央奉還町病院
  • セントラル・クリニック伊島
HOME目の病気>斜視

目の病気

斜視(しゃし)

斜視とは

斜視とは、両目の視線が目標に向かってそろわず、片方の目の視線が別の方向に向かっている状態をいいます。目がずれる方向によって、外斜視、内斜視、上斜視、下斜視に分けられます。

斜視の原因は?

斜視は、遠視、両眼視の異常、視力障害、目を動かす筋肉の麻痺、腫瘍など、さまざまな原因によって起こります。重大な病気が原因のこともありますので、まず原因をはっきりさせることが重要です。治療は早期に行ったほうが、視力や両眼視機能がよく回復します。

子どもに斜視があると何がいけないのか?

小児では、斜視があることで視力やものを両目でみる力(両眼視機能といいます)が妨げられることが問題です。ものを両目で認識して立体的に見る力は、生後3ヶ月ごろから1歳半ごろまで急速に発達します。このころに斜視があると両目で立体的にみる力が弱くなってしまいます。そしてずれているほうの目が抑制といって、一部使われない状態になり、弱視になることがあります。

斜視が自然に治ることがありますか?

本当に斜視であれば、見かけ上斜視が目立ちにくくなることはあっても、自然に治ることはありません。
もともと斜視ではないのに、斜視に見えるだけの『偽斜視』では、赤ちゃんの時期に鼻が低いために、目頭の皮膚が余って目が内に寄って見えます。成長して鼻が高くなれば、この状態はなくなり、ますので心配はいりません。
しかし、偽斜視は見分け方が難しいので、自己判断は危険です。おかしいと思ったら早めに眼科を受診してください。

斜視の治療法

1)眼鏡をかける

斜視の原因が強い遠視によるものの場合、眼鏡での矯正が第一です。
遠視があると、ピントを合わせようとして調節をしますが、子どもはこの調節の力が強く働きます。この時同時に眼を内側に寄せようとする筋肉が過度に働き、内斜視となります(調節性内斜視) この場合、遠視を眼鏡で矯正することで調節をかけないようにしてあげると、斜視は軽くなりますし完全に斜視が出なくなることもあります。ただし、眼鏡を外すと斜視は出てきますので治療のために眼鏡は常に装用が必要です。遠視については、こちらもご参照ください。

2)アイパッチ

左右決まった眼が常に斜視になっている場合は、放置してしまうと弱視になるため早急な治療が必要です。アイパッチという大きな絆創膏のようなもので良いほうの眼を隠して、斜視の眼を多く使用させ、視機能の発達を促します。
弱視治療は病院だけでなく、ご家庭でもずっと行わなければ意味がありません。根気強く行っていくことが肝心です。
セントラル・クリニック伊島 眼科では、アイパッチ治療をしていくお子さんに、アイパッチ日記という手作りの手帳をお渡ししています。

3)両目でものを見るための訓練

良いほうの目だけで見ることに慣れてしまっている場合は、両目でものを見る訓練を行ないます。また、外斜視が時々起こる場合は目を寄せる力を鍛えることで、斜視が起こる頻度が低くなることが分かっています。

4)プリズム眼鏡

左右の視線がそろわずものが2つに見える場合は、プリズム眼鏡という特別な眼鏡で、目に入る光の位置を調節してダブりを解消できことがあります。

5)手術

根本的に目のずれを治すためには手術しかありません。
手術は、眼球を動かす筋肉の付着部を動かすことにより行いますが、これは、斜視の角度を精密に測定した上でどの位ずらすかを決定していきます

斜視の治療は視線のずれを矯正することが終わりではありません。

  • 両目とも、よい視力がでるようになること
  • 両目の視線がそろうこと
  • 左右それぞれで見たものを1つのものとして捉えることができること
  • 日常生活で視覚を使えるようになること

などを目標に行ないます。
斜視の治療は長期戦です。途中で不安になることもあるかと思います。不安なことは、そのままにせず何でもお尋ねください。

子どもの斜視を見逃さないために

お子さんの様子に注意してください。

  • 外に出た時にまぶしがる
  • 外に出た時に片目をつむることが多い
  • 頭をいつも決まった方向に傾けている
  • 眠い時などボーっとしている時に視線がずれている
  • 読書のときに行を読み飛ばす

などに気をつけます。
健診で精査が必要と診断された場合は、放置せずに必ず眼科を受診するようにしましょう。


弱視 飛蚊症
トップへ戻る