• コウジン・ヘルスケア・グループ
  • 岡山中央病院
  • 岡山中央奉還町病院
  • セントラル・クリニック伊島
HOME>ICL(Implantable Collamer Lens:有水晶体後房レンズ)手術

ICL(Implantable Collamer Lens:有水晶体後房レンズ)手術

目の中の水晶体と角膜は、カメラで例えるとレンズの役割をしていています。水晶体は物を見るときに網膜にはっきり像が映るように厚さを変えて調節をしますが、このような調節をしても網膜上でピントが合わない場合、眼鏡やコンタクトレンズ、または手術による屈折矯正を行います。屈折矯正手術の主流であるレーシックは、角膜にレーザーを当てて屈折を変えることにより網膜にピントの合う像を映すようにするものです。しかし、もともと角膜の薄い方や強度近視等矯正する度数が強い方などはレーシックができない場合がありま。そのような方に眼の中に人工のレンズを入れて屈折を矯正する有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)による手術が適しています。
ICLは、フェイキックIOL(Phakic IOL:有水晶体眼内レンズ)の一つで特殊なレンズを眼内に挿入して近視矯正を行う方法です。フェイキックIOLのメリットは白内障手術の様に水晶体を取り出すことはせず、水晶体の前面(後房型)、又は虹彩の前面(前房型)に眼内レンズを挿入しますので、ピント調節機能が温存されます。 ICL手術は水晶体の前面にレンズを挿入する後房型のフェイキックIOL手術です。


レンズを加えることで屈折を矯正する方法 レーシック

レンズを加えることで屈折を矯正する方法

  1. 眼鏡
  2. コンタクトレンズ
  3. 前房型フェイキックIOL
  4. ICL(有水晶体眼内レンズ)
  5. 眼内レンズ(水晶体を除去して挿入)

LASIK(レーシック)

角膜実質層をエキシマレーザーで切除して角膜の形状を変化させ屈折を矯正します。

ICLの特徴として、
  • レーシックに比べて光学的特性に優れているため、より良好な視機能が期待できること
  • 強度近視や角膜が薄い等でレーシックができない方にも対応ができること
  • レンズを取り出せば元の状態に戻すことが可能なこと
等が挙げられます。

ICLはアメリカのSTAAR社(STAAR Sergical Company)によって開発されました。 1997年にヨーロッパにてCEマーク(安全性)を取得。 2001年にはカナダ、2002年に韓国、2005年にはアメリカFDA(米国)で認可を受け、 現在すでに64カ国で認可を受けています。近年、急速に普及してきており全世界で16万5千眼の実績があります。 日本では2003年より治験が開始され、2010年2月に厚生労働省から有水晶体後房レンズ(医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000) として承認されました。そして、 STAAR JAPAN社が窓口となり日本でもICLの使用が可能となりました。


手術方法

手術方法

ICLの特徴として、
散瞳剤点眼で瞳孔を開く。

  • 点眼麻酔を行い、黒目と白目の境目に数ミリの創口を作成。
  • 創口から小さく折りたたんだICLを挿入して、虹彩と水晶体の間に固定。
  • レンズは特別な手入れをしたり取り出したりする必要はなく半永久的に眼内で安定します。
  • 手術時間は、約15分です。

手術適応

手術が受けられる方

原則、日本眼科学会が提示している 「屈折矯正手術のガイドライン」(日本眼科学会)に沿って手術を行っています。
  • 年齢:21歳から45歳まで
  • 術前等価球面度数が-6.00D以上の強度近視(慎重適応:等価球面度数が-15.00D以上)
  • 術前円柱度数が2.50D以下
  • 角膜内皮細胞密度が多い手術時における角膜内皮細胞密度の年代別最低値は以下の通りです。

    ・21-25歳:2,800 cells/mm2 ・26-30歳:2,650 cells/mm2
    ・31-35歳:2,400 cells/mm2 ・36-45歳:2,200 cells/mm2

手術ができない方

  • 21歳未満
  • 術前1年以内の屈折変化が0.50Dを超える患者
  • 前房深度が2.8mm未満
  • コラーゲンに対する過敏症(アレルギー)既往
  • 角膜内皮障害
  • 円錐角膜
  • 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病、等)
  • 近視以外の目の病気のある方(白内障、緑内障、網膜疾患、ぶどう膜炎、水晶体亜脱臼、偽落屑症候群、等)
  • その他医師の判断で手術は無理と言われた方

ICLとレーシックの比較

当院では、レーシックとICL手術両方を行っています。患者様のご希望・また目の状態に応じて選択することが可能です。

メリット

  • レーシックで対応できない例(角膜が薄い,強度近視)に対応可能
  • 角膜を大きく触らないのでドライアイにならない
  • 視力の質(コントラスト感度、ハロー、グレア)が悪くならない
  • 術後の近視の戻りがほとんどない
  • レンズを取り出して元の状態に戻すことができる(レーシックは角膜を削るので元に戻せない)

デメリット

  • 価格が高い
  • 中等度近視以上が手術適応(軽度近視はレーシックで)
  • 強い乱視・非対称性乱視には対応できない
  • 歴史が浅い。レーシックに比べると症例数が少ない

手術までの流れ

ICL手術ご希望の方は以下の手順で手術を行っていきます。まず手術かできるかどうかの検査をしますので検査日の予約をお取りします。(完全予約制)


ICL手術までの流れ


手術の合併症・リスク

手術直後のかすみ・ぼやけ・まぶしさ・異物感・しみる感じ・充血

手術直後には全体的にかすんだり、ぼやけたり、充血したりします。1週間ぐらいまでの間に安定してくる方がほとんどです。

結膜下出血

創口や白目の血管から出血して目が赤くなることがありますが、1〜2週間で自然に消失します。手術の結果への影響はありません。

角膜内皮細胞の減少

手術時に平均で約3%の内皮細胞数減少が見られますが、その後は安定します。

ハロ・グレア、光のにじみ

暗い所で光がにじんだり、光の周囲がぼんやりと見えたり、周囲に光が入って見えたりすることがあります。慣れてしまえば日常生活にはほとんど支障ありません。
※ 一般的にレーシックに比べるとハロ・グレアがでにくいとされています。 暗所ではコントラスト感度が低下しがちなレーシックに比べると高次収差も少なく、手術前のコンタクトや眼鏡装用時と比べて暗所・夜間視力が向上する場合もあります。

老眼(老視)(※概ね40歳以上の場合)

40才頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」といった老眼の症状がではじめます。 その場合は近用眼鏡(老眼鏡)等が必要になります。
※ レーシック、ICL、眼鏡、コンタクトレンズいずれであっても老眼は同様に現れます。

眼圧上昇

手術後、眼圧上昇がみられた場合、その程度によって降眼圧剤の点眼や内服を一時的に追加します。状態によっては、レーザー虹彩光凝固を追加したりすることがあります。

Low Vault、High Vault、ICLの偏心、軸ズレ、度数ズレ

ICLと水晶体の間隔が狭すぎたり(=Low Vault)、逆に広すぎたり(=High Vault)した場合、ICLが偏心固定した場合、軸が回転してしまった場合、手術後に過矯正あるいは低矯正となった場合などには、サイズや度数の違うICLへの入れ替え、位置修正などの再手術が必要になることがあります。

術後眼内炎

ごくまれに手術後の感染性眼内炎を発症したケースが報告されています。発症した場合は抗生剤の内服や点滴を、程度によってはレンズの摘出を行うこともあります。

白内障(水晶体の混濁)

視力に影響しない程度のであればそのまま経過観察をします。
もし進行して視力障害を生じた場合はICLを摘出して白内障手術をおこないます。
ICL手術は、自費診療となりますので、事前に必ずご確認下さい。
トップへ戻る
HOME
眼科について
保険診療と自費診療
白内障・眼内レンズ手術
オルソケラトロジー
LASIK(レーシック)手術
ICL(有水晶体眼内レンズ)手術
角膜切除術
翼状片手術
コンタクトレンズ
学校検診の紙をもらったら
人間ドック要精査
目の病気