HOMEママになられた方へ > 赤ちゃんのお風呂の入れ方(沐浴の方法)

赤ちゃんのお風呂の入れ方

沐浴の方法

赤ちゃんのお風呂の入れ方

01. お湯、着替えの準備をしましょう。

  • お湯(40℃)
  • 着替えはすぐに着せてあげれるように、服とオムツは重ねておくといいでしょう。
  • 体を拭くタオルは、広げておきましょう。

02. 体温を測り、服を脱がせ全身の観察をします。


03. タオルを肩からかけて、全身をおおいます。

  • 赤ちゃんは、裸になると不安になります。保温の為にもタオルをかけてあげましょう。

04. 赤ちゃんを支えます。

  • 親指と中指で耳をふさがないように首を支えます。
  • 反対の手でお尻を支えます。

05. お湯に入ります。

  • ゆっくり足から入れてあげましょう。
    (始めは、泣いて暴れたりしやすいのでしっかり支えましょう。)

さあいよいよ全身を洗ってあげましょう。 洗う順番は次のとおりです。



06. 顔を拭きます。

  • 顔拭き用の洗面器のお湯を使います。
  • 目を1番に拭きます。
  • 目頭から目尻に向かって拭きましょう。
    (片方の目に目やにがある時には、ない方からある方に向かって拭きます。)
  • 顔全体を拭きます。

07. 頭を洗います。

  • 髪の毛をお湯で濡らします。
  • 手で石鹸をしっかり泡立てて優しく洗います。おでこも洗ってあげましょう。
  • ガーゼを使って石鹸を洗い流します。
  • 湯冷めしないように、髪の毛の水分を固く絞ったガーゼで拭きます。

08. 首を洗います。

  • 首のしわを伸ばすようにくびれに沿って洗います。

09. 胸とお腹を洗います。

  • お腹は「の」の字になるように洗いましょう。
  • おへそもきれいに洗いましょう。

10. 手、腕を洗います。

  • 手はいつも握っていることが多いので、小指側から指を入れて、開くようにすると洗いやすくなります。
  • 腕は手首から肩に向かって、腕を握るようにクルクルと回しながら洗います。

11. 足を洗います。

  • お湯の中につかったまま、足先から付け根まで洗います。

12. 背中を洗います。

  • 赤ちゃんの肩に親指をかけて、他の4本の指を背中に回します。
  • 肩を支えながらゆっくりとうつぶせにします。
  • 赤ちゃんの手を自分の腕にかけて、体がずれないようにします。
  • 背中からお尻に向かって洗います。

13. お尻を洗います。

14. おしもを洗います。

15. 掛け湯をして石鹸を洗い流します。

  • 足から肩にかけて40℃位のお湯でゆっくりと掛け湯をします。

16. お湯から上がります。

  • バスタオルで全身を包み手早く水分を拭き取ってあげましょう。

17. 服を着せてあげます。

18. おへその消毒をします。

  • 消毒用のアルコールを綿棒にたっぷり含ませます。
  • へその緒の付け根の皮膚を広げて、根元をしっかり消毒します。

※へその緒がとれる時期には個人差がありますが、1週間くらいでとれます。
消毒はへその緒がとれても、しっかり乾燥して、綿棒に汚れがつかなくなるまでは、行いましょう。へその緒がとれる前後には、少し出血することがありますが、消毒をして様子を見ましょう。

19. 耳と鼻の消毒をします。

  • 綿棒にベビーオイルをつけます。
  • 頭が動かないようにしっかり支えてあげましょう。

耳:顔を横に向けて、しっかり頭を支えながら穴の入り口と溝を拭きます。鼻:綿棒の先を1cmぐらい鼻の穴にいれて、一方向に回しながらぬきます。

20. 最後に髪の毛を整えてあげましょう。

21. 片付けをします。

  • ベビーバスはきれいに洗い水分が残らないように天日干ししましょう。

地域医療支援病院 社会医療法人鴻仁会 岡山中央病院

〒700-0017
岡山市北区伊島北町6-3
TEL(086)252-3221
FAX(086)252-1700

アクセスマップお問い合わせ

無痛分娩のご案内

ソフロロジー式分娩法

母と子のセミナーのご案内

里帰り出産をご希望の方