コウジン・ヘルスケア・グループ岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
086-252-3221
メールソフトを起動します。
受診方法について
グループトップ > 岡山中央病院 泌尿器科トップ > 疾病情報 > 尿路結石症(にょうろけっせきしょう)

疾病情報

尿路結石症(にょうろけっせきしょう)とは

腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路に介在する結石であり、介在部位によりそれぞれ腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼びます。


尿路結石の原因

尿路結石の形成には種々の因子が影響しています。中でも、食生活は生活習慣として重要な要因となります。日本でも食生活の欧米化によって、罹患率が上昇し、100人のうち5.4人が一生に一度かかるとされています。他にも、年齢、性差、職業、遺伝、ストレス、気候、あるいは尿流停滞や尿路感染、内分泌異常、薬剤性など様々な要因が関係しています。


尿路結石の症状

尿路結石の図一番問題となるのは尿管結石による激しい痛みです(疝痛発作)。
これは、腎臓でできた結石が、尿管に移動し、尿流が停滞して腎臓が腫れることによって生じます。
その他、肉眼的血尿をきたすこともあります。


尿路結石症の検査と治療

尿検査、レントゲン検査(腎尿管膀胱単純撮影)、CT検査などで診断します。尿管結石で自然排石が難しい場合は、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)の適応となります。


結石の治療法についてはこちらをご参照ください

ESWL(結石破砕装置)についてはこちらをご参照ください

泌尿器科の他の疾病情報についてはこちらをご参照ください