岡山中央病院 セントラル・クリニック伊島 ウィミンズメディカルセンター

産婦人科

  • TOP
  • 産婦人科

外来担当表

※事前にお問い合わせ(086-252-3221)の上でご来院ください。

岡山中央病院

セントラル・クリニック伊島

診療方針

産科部門では、お産を中心に「安全で満足できる出産」「産む人の主体的な出産」を支援することに力を注いでいます。また専門的な医療の提供だけでなく女性の健康支援という立場からプライバシーや快適さを大切にした環境づくりをめざしています。妊娠中から産後まで「健康な妊娠、安全・快適かつ満足のいく分娩、健全な育児」これら3つをキーワードとしてスタッフ全員が協力して支援していきます。
婦人科部門では、セントラルクリニック伊島と岡山中央病院が提携して診療をおこなっております。お困りの症状やご相談があればセントラルクリニック伊島をまずご受診いただき、手術が必要な状況であれば岡山中央病院で入院、手術治療を行います。セントラルクリニック伊島では他にも更年期障害の治療、不妊検査、婦人科がん検診などを行っています。

産科の特徴

婦人科の特徴

腹腔鏡による低侵襲治療

婦人科における腹腔鏡手術について

当院では卵巣嚢腫や子宮筋腫、子宮内膜症などに対する腹腔鏡下手術を導入しています。
腹腔鏡下手術はおなかを大きく切ることなく、おへそを約1㎝切開し、下腹部を5㎜~10㎜の切開を2~3か所追加してカメラを挿入し、映し出された画像を見ながら、専用の手術器具を用いて手術を行います。

腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術のメリット

開腹術と比較して、侵襲が少なく、術後の痛みが少ないことが一番です。入院期間も開腹手術であれば約10日間かかるところが、腹腔鏡手術では約5日間と短くなります。手術創は開腹手術では20㎝ほど切開しますが、腹腔鏡手術では12㎜の切開を1か所、5㎜の切開を2~3か所行うだけで美容的にも優れています。

腹腔鏡手術のメリット

更年期障害

更年期障害の治療法には、HRT(ホルモン補充療法)
と漢方治療があります

HRTは、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。
漢方治療はHRTが使用できない場合や、さまざまな更年期障害の不定愁訴を持つ場合に試みられる療法です。
当院では、豊富な臨床経験を有する専門医が、患者さん一人ひとりに合った治療法を提案します。

更年期障害

産婦人科の病気

産科の病気

お腹に赤ちゃんを迎えて、驚き、喜び、心配・・・色々な気持ちでおられることと思います。
初期にはつわりに苦しんだり、後期になると大きなお腹でしんどい思いをされているかもしれません。私たち産科スタッフは妊娠中を健やかに過ごし、元気な赤ちゃんを皆さんにご出産していただきたいと願っておりますが、そのためには注意していただきたい病気もいくつかあります。すべてを過度に恐れず、落ち着いて妊娠期間を過ごすためには少し知識をもっておくことも大切です。産科の代表的な病気についていくつかご紹介いたします。「もしかして私も・・・」などご心配があればいつでもご遠慮なく医師やスタッフにお声がけください。

婦人科の病気

仕事に、家事に、子育てに・・・と忙しい現代の女性ですが、ご自身の身体の不調や心配事はありませんか?健診は受診されていますか?ここでは婦人科の代表的な病気について簡単にご紹介します。気になられる症状があればご受診・ご相談ください。詳しく診察・ご説明させていただきます。ちょっとのことだから、と我慢せずにお気軽にご相談ください。

産婦人科 医師紹介