バースセンター

安心の医療体制

岡山中央病院 産婦人科 バースセンター 医療体制について

24時間365日の医療体制

母子共に幅広い疾患に対応する24時間365日の医療体制

高齢出産になる程、生まれるお子さんだけでなくお母さんのリスクも上がります。岡山中央病院はお産以外の緊急疾患にも救急科や放射線科が常駐しているので連携して24時間365日、幅広い高度医療機器(CTやMRIなど)を使った検査や治療が速やかに行う事が出来ます。また、更なる高度医療を要する場合には「国立医療センター」「岡山大学病院」などへ最短15分で搬送可能で医療という安心・安全な体制を整えております。

安心の医療体制

安心な無痛分娩

通常、自然分娩か無痛分娩にするかどうかの選択は、出産前までに行いますが、自然分娩の予定でも陣痛の痛みから、その場で無痛分娩に変更される方も少なくありません。産婦人科バースセンターでは、基本24時間その場で安心して無痛分娩に切り替えることが出来ます。

緊急帝王切開

帝王切開による出産は、年々多くなっており、平成30年度の日本の統計では、帝王切開を経験した方の3分の1が緊急帝王切開です。産婦人科バースセンターでは通常分娩での不測の事態を回避するための「緊急帝王切開」にも即応できる体制を24時間365日整えています。